--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.01.01 (Sun)

謹賀新年

謹んで新年のご挨拶申し上げます。
旧年中は公私共々に格別のご高配賜り、心より御礼申し上げます。

2011年は我が国にとって、もっとも厳しい一年となりました。
今なお不自由な生活を強いられている方々や、復興に向けて懸命に努力されている方々、また心に深い傷を負われた皆様方に、まずは一日でも早く安息が訪れるよう心より願っております。

昨年は主宰団体であるBIWAKOオラトリウム合唱団において、ホール関係者の皆様やオーケストラの皆様方など多くのご支援の元、モーツァルトのレクイエムを上演することができたことが、私にとっては大きな出来事でした。
また、僅かでも被災地の皆様のお力になれればと、8月には震災復興支援チャリティーコンサートを主宰させていただき、多くの皆様にご来場、ご協力いただけたこと、この場を借りてですが改めて御礼申し上げます。

音楽の持つ力というのは目には見えないものですし、私自身も一時期はコンサートなどのイベントを中止した方がよいのではないかと悩んだ時期もありました。
しかしながら、被災地で懸命に頑張っておられる皆様の姿を日々拝見する度に、彼らに恥じないよう、我々に今できることを精一杯やり遂げようと思い至りました。

音楽には平和への願いや、生への感謝や喜び、希望や夢など、様々な祈りが込められています。
来年はG.プッチーニのミサ曲をはじめ様々な作品に取り組んでいく予定ですが、その中でも常に被災地で頑張っておられる皆様方の力に少しでもなれるよう、義援金はじめ微力ながらも支援活動を続けていくと共に、作曲家が残した想いを一人でも多くの方の勇気に変えられるよう不惜身命の覚悟で望んでいきたいと思います。
また最後になりましたが、2012年も、昨年同様厳しくご指導賜りますよう、また公私共にご支援、ご高配賜りますよう心よりお願い申し上げます。

2012年元旦 辰巳直弘
スポンサーサイト
00:50  |  日記  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。